読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

い き ぬ く

今日は息抜き、明日も生き抜く

奨学金を借りてFラン大学にいくこと

ネットのニュースでこんな記事を読んだ。

 

toyokeizai.net

 

わはっ!

このインタビューの大学教授は子供の友達が通ってる大学だ(^^)

長男もこの大学のオープンキャンパスに行ったことあるわー。

宣伝ハガキがめっちゃ来て、学生確保に必死な学校だなぁ~と思ったもんだった。

けど長男が言うには女子が多めで楽しそうな大学だったとのこと。

学費450万も、長男が通う大学と比べると断然お安い。

 

以前、このブログの過去記事にも書いたけど、

高卒で就職した子と比べると、たった4年で1300万円の差が出る。

 

高校では成績も良いほうで皆勤だった長男。もしかしたら条件の良い就職先を斡旋されて、何の苦労も無く就職し、今ごろ初任給を頂いていたかもしれない。

 

高卒で就職したほうが良かったのか、

大学進学からの就職のほうが良いのか、

どちらが良いかなんて、まだ誰にもわからない。

長男が自分の人生を振り返る年齢になって

はじめて分かることだと思う。

 

長男は「今」を楽しんでいる。

わが息子ながら恐ろしいほどのコミュニケーション能力を発揮して「友」や「仲間」を増やし、楽しい時間を創り上げている。

そう!そのまま、高額な学費の元を取るんだ!息子よ!!

学問もそう!人との触れ合いもそう!

「面白いオレは人気者!」っていう自己肯定感もそう!

その素晴らしい時間、楽しい気持ち、仲良くなった人達みんな、

 ぜんぶ貴方の人生の宝物になるから絶対。

 

奨学金という名の借金を

何の苦も無く平然と返せる社会人に成ってください。

母からのお願い。

 

返済が厳しいときは手伝ってあげっからサ(^0^)